東京都北区 板橋駅
  • 最大
  • 標準
・文字サイズ
TEL

花粉症

花粉症の治療について、詳しくご紹介いたします。

治療薬の種類

花粉症は、症状により使う薬が異なります。「くしゃみ鼻漏型」や「鼻閉型」といった症状別、軽症から重症までの程度別で薬をご紹介いたします。

軽症の方に使う薬

  • 第2世代抗ヒスタミン剤(ザイザル、アレロック、アレグラなど)
  • 抗ロイコトリエン剤(シングレア、オノンなど)
  • プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2受容体拮抗薬(バイナスなど)
  • Th2サイトカイン阻害剤(アイピーディ)
  • 鼻噴霧用ステロイド剤(アラミスト、ナゾネックス、リノコートなど)

中等症の方に使う薬

くしゃみ・鼻漏型
  • 第2世代抗ヒスタミン剤+鼻噴霧用ステロイド剤
鼻閉型
  • ロイコトリエン薬+鼻噴霧用ステロイド剤+第2世代抗ヒスタミン剤

重症の方に使う薬

くしゃみ・鼻漏型
  • 鼻噴霧用ステロイド剤+第2世代抗ヒスタミン剤
鼻閉型
  • 鼻噴霧用ステロイド剤+抗ロイコトリエン薬+第2世代抗ヒスタミン剤
  • 鼻噴霧用ステロイド剤+第2世代抗ヒスタミン剤・血管収縮薬配合剤(ディレグラ)

治療薬の特徴

花粉症の治療薬について、それぞれの特徴を詳しくご説明いたします。

第2世代抗ヒスタミン剤

花粉症治療の中心的薬です。効果の発現はマイルドで、連用により改善率が上昇します。そのため、飛散時期は量に関係なく連用することが大切になります。作用時間が長く1日1回ないし2回の内服ですむのが特徴です。

第2世代抗ヒスタミン剤の中でも、眠気がないのはアレグラとクラリチン、デザレックス、ビラノア、抗ヒスタミン作用が強いのは、ザイザル、タリオン、アレロック、ビラノアです。個人差がありますので、自分に合った物を続けるが肝心です。

第2世代抗ヒスタミン剤の新薬

久々に、第2世代抗ヒスタミン剤の新薬が発売されました。デザレックスとビノレアの2種類です。デザレックスは、クラリチンの代謝活性体で眠気がありません。食事の影響も受けずいつでも飲むことができます。クラリチンと異なり小児の方は服用できません。

ビノレアは、1時間で効果が現れ、強力です。食事に影響されるため、食事の1時間以上前または2時間以上後に飲みます。水分摂取はかまいません。寝る前がお勧めです。

今までのお薬では満足できなかったという方は、ぜひお試しください。

抗ロイコトリエン薬

鼻づまりに対しては、抗ヒスタミン剤よりも有効です。1回の内服ならシングレア、効果を求めるならオノン(1日2回)がおすすめです。

鼻噴霧用ステロイド剤

効果の発現はやや遅いですが、連用で強い効果が期待出来ます。鼻水、くしゃみ、鼻づまりの3症状に効果があります。お風呂上がりなど鼻が通っているときに使うのがコツで、原則両側に使います。眼の症状がある場合にはアラミストがおすすめです。

市販薬で使われる血管収縮薬は、即効性はありますが、連用で肥厚性鼻炎になることがあります。使用は短期にとどめましょう。

花粉症対策に関する情報が得られるおすすめのWebサイトをご紹介します。

Check!

環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)
http://kafun.taiki.go.jp/
観測地点の飛散量が毎時35分頃に更新されています。

花粉症ナビ
http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/
花粉症の知識が得られます。

花粉なう(MSD)
http://www.kafun-now.com/
地域ごとの1週間の花粉飛散予報が見られます。

↑
上に戻る