奥田クリニック PAGE TOP

板橋の健康診断・消化器科・内視鏡・胃カメラ・禁煙外来 奥田クリニック

奥田クリニック

挨拶

奥田クリニック院長:奥田 武志 JR埼京線、板橋駅東口から徒歩2分の内科外科消化器科の奥田クリニックです。 高血圧・糖尿病・脂質異常などの生活習慣病の指導と治療、禁煙外来、カゼやインフルエンザ、腹痛などの急病、肝炎等の治療を行っておりますので、少しでも具合の悪い場合はお気軽にご来院下さい。

また、切り傷や熱傷などの外傷・皮膚のできもの陥入爪の手術も行っています。

鼻から入れる内視鏡の「経鼻内視鏡」は日本消化器内視鏡学会専門医(指導医)による的確な診断、治療を行っており、遠方からも多く来院していただいております。 内視鏡・胃カメラで苦しい思いをされたことのある方、是非ご相談下さい。

各種健康診断も行っておりますので詳しくは、健康診断料金表をご参照ください。 地域のホームドクターとしてコミュニケーションを大切にしたやさしい医療を行っております。

奥田クリニック
TEL: 03-5907-3030
※お電話のお問合せ、検査・健診予約は、診療時間内にお願いします。
東京都北区・板橋駅近く(Googleマップで確認

 

診療時間

  日・祝
9:00〜12:00
15:00〜18:30

※受付は、診療時間の30分前からとなります。
【休診日】 水・日・祝

新着情報

2017.12.08 診療のお知らせ
年末年始の診療のお知らせ
・年内の診療は12月29日(金)12時までとなります。
・新年は1月5日(金)9時から診療いたします。
その他、12月の臨時休診はありません。
2017.11.06 インフルエンザワクチンの入荷状況について
12月に入ってもまだ、インフルエンザワクチンの供給が十分ではありません。メーカーの発表では12月中旬以降には十分な供給があるとされています。十分量を確保出来るよう努めますが、来院前にお電話にて確認していただくことをお勧めします。また、ワクチン入荷時には大変混み合いまして一般診察の患者様にご迷惑をお掛けして申し訳ありません。なお、当クリニックでは御予約は行っておりませんのでご了承ください。
2017.10.05 インフルエンザワクチン接種のお知らせ
「A型」2種と「B型」2種の計4種類のウイルスに対するワクチンです(妊婦さま用のワクチンは無くなりました)。

■一般の方
●中学生以上(13歳以上65歳未満)
 1回 3,500円

●小学生以下(12歳以下)
接種回数は、2回になります。
 1回目 2,500円
 2回目 2,000円 ※当院にて1回目を接種した方

■高齢者の助成対象の方
お住まいの区の予診表をお持ちください(23区どこでも接種できます)。
●北区にお住まいの方(72歳以上)
 無料

●北区にお住まいの方(65歳以上72歳未満)
 自己負担 2,500円

●北区以外にお住まいの方(65歳以上)
 自己負担 2,500円
2017.10.05 胃癌ハイリスク健診・ABC検診で陽性になった方に
除菌前に内視鏡検査が必要になります。来院またはお電話にてご予約ください。
検診で既に内視鏡検査を行われた方は検診結果をお持ちください。除菌薬の処方と後日判定の検査を行います。予約の必要はありません。
2017.09.07 「リブレ」保険適応のお知らせ
9月1日から以前御紹介した血糖測定器の「リブレ」がインスリン製剤やGLP1受容体作動薬の自己注射を週に1回以上注射している糖尿病患者さんで保険適応になりました。内服薬治療薬のみの方では保険適応になりません。詳しくは診察時にご相談下さい。
2017.04.06 北区高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種)のお知らせ
平成29年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方の肺炎球菌ワクチンの接種がはじまりました。
自己負担金は4,000円です。
詳しくはこちら>>
2017.04.06 新しいタイプの血糖測定器の紹介
糖尿病の方の血糖管理にフリースタイルリブレを導入しました。このリブレのすごいところは腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、その時点の血糖値(実際には血液で調べたときの10分遅れ)を測定することができます。指に針を刺す必要がないため痛みがまったくなく、服の上からでも何度でも血糖値を測ることができ、2週間の間ずーっと血糖を測り続けることができます。入浴も運動も今まで通り行えます。何をどれだけ食べれば血糖がどのように上がるかや、食後に運動すると血糖の上昇が抑えられることが解るため行動変容につながります。コンピュータ−に接続すれば数種類の血糖変動グラフを見ることが出来て、1日の中での血糖変動から適切なインスリン量の調節や内服薬の選択に応用できます。
しかし、現在保険適応ではないため、自費での販売になります。本体(何度でもな使用可能)7500円、センサー(1枚2週間分)7500円です。
リブレの詳しくはこちら(PDF)>>
2015.03.06 ピロリ菌の新しい除菌療法を始めました!
新しい薬による除菌療法を開始しました。1次除菌率は90%以上とされています。
2014.11.04 「H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医」になりました。
日本ヘリコバクター学会の「H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医」になりました。 ピロリー菌のご相談、お待ちしています。

院長のつぶやき一覧はこちら

2017.12.08

11月30日に東京都もインフルエンザの流行期に入ったとされます。発熱の患者さんも増え、近隣の学校でも学級閉鎖が聞かれるようになりました。しかし、インフルエンザワクチンの供給が例年より約1カ月、遅れているため、まだ接種されていない方も多いと思います。原因は、製造に使うウイルス株が途中で変更され、生産量が昨年より約1割減り、生産も遅れているためです。こんなにワクチンが不足したのは新型インフルエンザが流行した2009年以来8年ぶりです。

ところで、先日、診察中に息子から、「緊急事態発生、お父さんのグッピーが大量に死んでいます。」とLINEの連絡と写真が送られてきました。すぐに生きているグッピーを別の入れ物に移してと連絡し、診療後飛んで帰りました。4-5年前にも急にグッピーが大量に死んだことがあり、家族はグッピーインフルエンザが発生したと言っていましたが、私は密かに娘が何かをもったのだと思っていました。今回は娘も不在でアリバイがあり、どうやら、酸欠か感染症で死んだのだと思います。娘には内緒で、疑ったことを心の中で謝っておきます。このグッピーは次男が小学生の時(今から15年程前)に2対のグッピーを飼い始め、すぐに飽きて私が世話をしているものです。今回、半分くらいになりましたがこの狭い水槽の中でまだ写真の様に200匹以上います。だた、雄雌比が1:20位になって、ハーレム状態です。グッピーの世界でも女性の方が強いのでしょうか。
夜、かえってきた娘は水槽を見て、「スッキリしたんじゃない。もう少し少なくてもいいんじゃない。」と。
やっぱり、謝るのは据え置きします。

その他のお知らせ一覧はこちら

診療時間

医院概要

【医院名】
奥田クリニック

【電話番号】
03-5907-3030

【所在地】
〒114-0023 東京都北区滝野川7-8-1

【診療科目】
内科・外科・消化器科

【診療時間】
月・火・木・金/ 9:00〜12:00、15:00〜18:30
土/ 9:00〜12:00、13:00〜15:00
※水・日・祝は、休診
※受付は、診療時間の30分前からとなります。

【アクセス】
JR埼京線「板橋駅」より2分
都営三田線「新板橋駅」より6分
東武東上線「下板橋駅」より9分
詳細アクセス方法を見る>>
Google マップで確認>>